よくある質問

受講をお考えの方からいただく代表的な質問をご紹介します。
この他の質問はお問い合わせフォームにてお問い合わせください。質問をクリックすると、その答えを見ることができます。

学校について

  • 日本語研修所は1967年に設立されました。
  • 設置者は一般財団法人国際教育振興会(1948年設立)です。
  • 当振興会は教育事業として、日本語研修所のほか、社会人対象の英語教育を行う日米会話学院(1945年設立)を運営しています。
  • 当振興会は国際交流・異文化理解促進事業として、NHKテレビでも放送されている「外国人による日本語弁論大会」(1960年~)や「日米学生会議」(1934年~)などを主催しています。

    振興会事業の詳細をみる

講師について

  • 日本語教育の経験が長く、日本語教授法を身に付けたプロフェッショナルです。
  • 日本語のテキストを執筆、出版している先生もいます。
  • 原則として、日本語で授業をしますが、初級クラスでは、英語を使うこともあります。
  • クラス、受講者のレベルに合ったわかりやすい日本語で説明、練習しますのでご安心ください。
  • 初級クラスでは日本語、英語併記の教材を多く使います。中級、上級では主に日本語のみの教材を使います。

プログラムについて

受講者の方々のニーズにあわせた下記のプログラムがあります。

レギュラープログラム

  • 月曜から金曜日まで週5日、午前9時から12時20分までの授業があります。
  • 初級から上級まで、集中的かつ総合的にビジネス・日常日本語を学習します。
  • 会話などのコミュニケーション能力の習得に重点を置きますが、「読む」「書く」の技能もバランスよく伸ばします。
  • 学習期間やビザの種類により、一般2年コース(留学ビザ取得者対象)と短期コース(3か月ごとに受講)の2つに分かれます。

パートタイムプログラム

  • 週1~2日のペースで無理なく日本語を勉強します。
  • 早朝、午後、夜間、土曜日に開講します。
  • 日常会話、ビジネス会話、日本語能力試験(JLPT)対策、時事日本語など、初級から超上級まで様々なクラスがあります。

プライベート/セミプライベートレッスン

  • 学習目的、期間、時間帯など、受講者のご希望に沿ったレッスンプランを作成します。

会社単位で行うグループレッスンやプライベートレッスンは講師が会社へ行って授業を行うこともできます。ただし、授業料のほかに出張費(1,200円[東京23区内の場合])がかかります。

申し訳ありませんが、学校では紹介していません。

授業について

レギュラー/パートタイムプログラム、プライベートレッスンとも、日本語の勉強が初めての方を対象としたクラスがあります。

  • レギュラープログラムの初級クラスでは「ひらがな、カタカナ」も勉強します。
  • パートタイムプログラムでは、日本語会話のレベルによっては、初級クラス以外にも入ることもできます。
  • レギュラープログラムでは入学する際にプレイスメントテストを受けていただきます。また、各学期の終わりにも期末テストがあり、その結果により、進級していきます。期末テスト以外にも、定期的に文法、聴解、読解、漢字などのテストを行います。
  • パートタイムプログラムでは、受講前に講師がレベルチェック・インタビューを行います。
  • レギュラープログラムでは、ほとんど毎日あります。仕事が忙しいなど、全部の宿題をする余裕がないときは、先生に相談してください。
  • パートタイムプログラムでも、学習したことを定着するため、適量の宿題があります。
  • レギュラープログラムの初級のクラスでは、クラスの中で新しい漢字を紹介し、読み方、書き方の練習をします。
  • パートタイムプログラムでは、原則として自宅学習となります。
  • レギュラープログラムでは、「聞く」「話す」の会話能力の習得を重点的に行うため、日本語能力試験のための受験勉強とは少し、異なります。
  • 日本語能力試験対策としては、パートタイムプログラムのN1、N2、N3対策クラスがあります。
  • 経験ある講師がレベルチェック・インタビューを行い、受講者の方の学習目的、レベルにあったクラスをご紹介します。ご希望があれば、自己学習方法などもあわせてアドバイスします。

受講者について

  • 各プログラムとも、社会人の受講者がほとんどです。
  • 会社員、企業研修生、駐在員の家族、日本人の配偶者、日本文化の学習者など、さまざまな人たちです。
  • 20代前半から50代と幅広い受講者層で、男性と女性の割合は約半分ずつとなっています。
  • 欧米、東アジア、その他の地域で3分の1ずつと1つの地域に偏らない構成となっています。
  • 教室は異業種、異文化、異世代間の交流の場ともなっています。

※受講者層は学期により、多少、変動します。

  • レギュラープログラムでは、年に数回、アウティングを行います。美術館、防災館、日本庭園、工場見学などに出かけ、習った日本語を実際に使う機会があります。
  • 日本語研修所と併設の日米会話学院という英語学校があり、日本人受講生と交流する機会があります。

クラスの人数について

  • レギュラープログラム:定員は最大で1クラス14名、平均10名前後の少人数制です。
  • パートタイムプログラム:会話クラスは1クラス2~8名までの少人数、能力試験対策クラスは最大で1クラス18名までです。

学費について

レギュラープログラム

  • 選考料: ¥20,000(入学時のみ)※短期コースの方は不要です。
  • 入学金: ¥30,000(入学時のみ)
  • 授業料: ¥195,000/学期(3か月)
  • 教材費: ¥4,000~¥10,000/学期(クラスによって異なります)

パートタイムプログラム(クラスによって異なります)

  • 授業料: ¥25,700~¥77,100程度/3か月(入学金はありません)
  • 教材費: ¥500~¥4,000/クラス(テキストは複数学期使用します)

プライベート/セミプライベートレッスン

  • プライベート/セミプライベート、授業時間、場所により、異なります。

受講回数分の支払いとなります。

申し訳ありません。クレジットカードは使えません。

申込方法について

  • レギュラープログラムの申込方法、提出書類はコースにより異なります。学習予定期間が6か月(2学期)以上の方は、「一般2年コース」の欄を、それ以外の方は「短期コース」の欄をご覧ください。
  • パートタイムプログラム、プライベートレッスンは、レベルチェック・インタビュー(無料)を受け、受講クラスを確定した上で、受講申込書を提出します。

レギュラープログラムで6か月(2学期)以上学習する場合、留学生ビザを申請できます。書類選考合格者については、当研修所が代理として、東京入国管理局に在留資格認定証明書の交付申請を行います。

レギュラー/パートタイムプログラムとも中途入学ができます(ただし、定員一杯のクラスを除きます)。その際の学費は受講回数分の支払いとなります。

受講クラスと同程度のレベル、内容のクラスをご紹介します。変更後の授業料が高くなる場合は差額がかかります。

アクセスについて

  • 東京都の中心部で、都庁がある新宿区にあります。
  • 学校のある四ツ谷エリアは、上智大学、迎賓館などがあります。
  • 住宅街と商店街が同居する便利で落ち着いた町です。

JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線・南北線の四ツ谷駅から歩いて5分です。

交通アクセスのページをみる

校舎・施設について

当研修所は、四谷駅前地区再開発事業に参加し、2019年10月より、同事業区画に建設される再開発ビルに入居します。 これに伴い2016年 1月から2019年9月まで、再開発区画北側にUR都市機構が建設した仮校舎に移転しています。
仮校舎ではありますが、AV機器、インターネット環境、エレベータ等完備の校舎で皆様をお待ちしております。

法令に基づいて設計・施工しており、十分な耐震性があります。

  • 様々な媒体に対応したAV機器が整った教室です。
  • 授業でプレゼンテーションをする場合、教室のテレビと自分のコンピューターをつなぐことも可能です。
  • パソコンを備えた自習スペースがあります。
  • 1、2階とも無線LAN(無料)が利用できます。

食堂や売店はありませんが、食べ物や飲み物を持ち込むことはできます。ただし、コンピュータールーム、廊下、階段での飲食は禁じられています。

学校の敷地内は全面禁煙で、喫煙場所はありません。

駐車場はありません。来院の際はなるべく公共交通手段をご利用ください。

敷地内に自転車の駐輪場はありますが、オートバイの駐輪場はありません。自転車の駐輪場のご利用を希望の方はオフィスまでお申し出ください。

当研修所に寮はありませんが、外国人向けのアパートやゲストハウス等を取り扱う不動産会社を紹介しています。

お問い合わせ

  • 03-3359-9600
  • 受付時間 平日 9:00-19:30/金曜 9:00-17:00
  • 四ツ谷駅徒歩5分
  • 四ッ谷駅前地区再開発に伴い仮校舎に移転しています。
  • 〒160-0004 東京都新宿区四谷1-50 最寄り駅:四ツ谷駅 JR中央線・総武線/東京メトロ丸ノ内線・南北線

お問い合わせフォーム

メール送信が完了しました。