1. 日本語研修所 ホーム
  2. >日本語研修所について
  3. >沿革

沿革

日米会話学院 日本語研修所

1945.9 創立者、武藤富男先生(故人)が外務省終戦連絡事務局その他からの依頼により、日米会話学院の設立を決め、その準備を丸ノ内の内外ビルで開始。
1945.11 日米会話学院 開校。武藤富男学院長(故人)就任。第1期第一部授業を浅草橋の日本橋高女(現:日本橋女学館)で開始。 image 1 of 4
1946.5 創立者の武藤富男先生(故人)、学院を財団法人として理事長ならびに学院長に板橋並治教授部長(故人)を推薦して学院を引退。
1947.4 神田今川橋の石坪ビルへ移転。財団法人国際教育文化協会を設立。 image 2 of 4
1948.8 文部省より財団法人国際教育文化協会として認可。
1953.6 財団法人国際教育文化協会の名称を財団法人国際教育振興会と改称。
1956.11 神田今川橋から四谷の現在地に移転。
1958.12 文部省所管の財団法人から、東京都所管の財団法人に移行。
1960.6 第1回「国際日本語弁論大会」開催(1965年の第6回大会より「外国人による日本語弁論大会」となる)。以降、毎年開催され、NHKでも放送。
1966.3 四谷新校舎完成(旧四谷校舎)竣工。 image 3 of 4
1967.9 日本語研修所開設。
1979.4 日本語研修所夜間コース開設
1986.4 日本語講師養成講座開設(1993年3月まで)。
1987.9 日本語でビジネス会話・中級編出版。
1989.9 日本語でビジネス会話・初級編出版。
1992.4 日本語研修所早朝コース開設。
1996.6 「外国人による日本語弁論大会」が国際交流基金との共催となる。
1998.4 板橋並治学院長逝去。
1999.4 大井孝先生が日米会話学院学院長に就任。後に理事長を兼任(2004年4月から)、日本語研修所所長を兼任(2008年10月から)。
2000.10 フランス国立レンヌ第一大学大学院日仏センター日本語研修開始(2005年3月まで)。
2006.8 四谷校舎改築のため、飯田橋仮校舎に移転。
2007.4 エルマイラ・カレッジ 日本研究プログラムの学生14人を受け入れる。
2008.4 日米会話学院四谷新校舎竣工。 image 4 of 4
2009.2 振興会、桜美林大学、パリカトリック大学の3者間で教育交流協定を結ぶ。 日本におけるフランス語教育・文化の普及を目指すとともに、フランス人学生に対し、日本語・文化学習の機会提供を目的とする。
2012.4 東京都所管の財団法人から、内閣府所管の一般財団法人に移行。名称を一般財団法人国際教育振興会とする。
2016.1 四谷駅前地区再開発のため、四谷仮校舎にに移転。

page top