1. 日米会話学院 ホーム
  2. >プログラムのご紹介
  3. >コラム
  4. >日常やビジネスの場で通じる英語力をつけるには何時間あれば大丈夫?

日常やビジネスの場で通じる英語力をつけるには何時間あれば大丈夫?



2年間で集中的に学習すべきことを8年間学習している

米国国務省の新人職員に外国語研修を行っているForeign Service Institute (FSI)では、外国語習得に必要な平均時間を公開しています。それによると、英語を母語とする人が言語体系の全く異なる日本語、アラビア語、中国語等を習得する場合、当該語学力ゼロからはじめて2,200時間程度集中して学習すると、日常やビジネスの場で通じる語学力注1を習得できる、とあります。

(以下、日本語を母語とする人が英語を学習する場合も同じ、と想定しています)

日本人の場合、中学、高校、大学、そして自宅学習と合計で2,000時間程度の英語学習注2をしていますが、2年間で集中的に学習すべきことを8年間に引き延ばしているのであまり効率的とは言えません。また、実践的な訓練よりは、文法、読解、英作文などの比重が高くなっているのが一般的です。

2年間で集中的に学習すべきことを8年間学習している

飛行機が離陸時に一定の距離を集中して全力疾走しないといつまでたっても離陸できないのと同じで、ある程度の力はつきますが、なかなか実際に通じる英語力とまではいきません。

文法や読解や英作文を集中して訓練

それではどうすれば良いかと言うと、日本人の場合は、中高大の8年間で文法、単語、構文等、英語の土台が比較的よく構築されているので、この土台にある期間、集中して実践的な会話訓練(英語の筋トレ)を加えてやれば良い、ということになります。


当該語学力ゼロからはじめて2,200時間程度集中して学習すると、日常やビジネスの場で通じる語学力を習得できる

日常やビジネスの場で通じる英語力をつけるにはどの程度の訓練時間が必要かは、訓練前の英語力や個人差にもよりますが、当学院の経験からは1,000時間程度という答えが出てきます。

ただし、必要とされる英語力は、職種、職位、担当部署等により様々で、多忙なビジネスパーソンが割ける時間も様々です。

当学院では、通じる英語を必要とする方々(法人、個人)のご要望に応えるため、週1日から5日まで多様かつ継続して受講できるプログラムをご用意しております。

関連した他のプログラム

ご希望に合わせてクラスを探せます。

クラスを探す

ページの先頭へ戻る

プログラムのご紹介
ビジネス英語
スキル・テーマ別英語
検定試験対策
国際教養講座
通訳コース
通訳 選択科目
通訳メソッド活用コース
4週間集中英語
3ヵ月集中英語[昼間コース]
3ヵ月集中英語[夜間コース]
大学院留学準備
小中高生英語
プライベートレッスン
短期セミナー
チケット制コース
講師について
効果的な継続学習の流れ
全プログラム一覧
法人英語研修

03-3359-9621

平日 受付時間 9:00〜20:00
土曜 受付時間 9:45〜17:30
日曜・祝日の受付は行っておりません。

info@nichibei.ac.jp

四ツ谷駅徒歩5分

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-50
最寄り駅:四ツ谷駅 JR中央線・総武線/東京メトロ丸ノ内線・南北線
(四谷駅前地区再開発のため2019年9月まで移転中)

日米会話学院 公式
Facebook / Twitter

聴く日常・ビジネス英語 日米会話学院Podcasting Step Up英語フレーズ集