科目案内

コード番号 52504
科目名 【特別講座】杉田敏先生の「現代ビジネス英語」
プログラム名 特別講座

2021年1月期の受講形態一覧につきましてはこちらをご覧ください。
2021年4月期の受講形態一覧につきましてはこちらをご覧ください。

New 問合せ
学期 曜日 時間帯 レベル 使用言語 定員
4月期 10:30〜12:20 (100分) 中級2 TOEIC 700点〜 日英 14
回数 授業日程 募集期間 学費
4回 4/3、4/10、4/17、4/24 2/15(月)〜4/20(火) 30,000円

空席状況については
お問合せください

授業見学 ※見学不可。
授業内容
  授業実施形態: 教室    学院の施設内で実施します。  

NHKラジオ「実践ビジネス英語」の流れを受けた季刊のムック春号「杉田敏の現代ビジネス英語」(NHK出版刊)を教材に使います。春号には4つのビニェットが収められています。いずれもニューヨークの「今」を取り上げたもので、最先端の会話が学べます。教材は3月中旬以降にお近くの書店でお求めください。
Lesson 1. The Power of Diversity
Lesson 2. What’s in a Name?
Lesson 3. Navigating the New Normal
Lesson 4. Next-Generation Foods
NHKの語学番組の中でも最長寿番組の「実践ビジネス英語」の杉田敏先生から直接学べるまたとない機会です。

目的
現代の国際ビジネス環境を反映するテーマを中心に、up-to-dateな英語を学ぶための講座です。会話は実際のビジネスシーンに即した展開になっていて、広い意味のビジネス活動に必要な現実的な情報も学べます。

各レッスンは
●今回の内容
●Vignette
●Words and Phrases
●Quote . . . Unquote
●今回のビニェットから
などから構成されています。ストリーミングの音声を聞きながら講師が解説をします。

受講に際して
授業中のPCやスマートフォンの利用はご遠慮ください。

配信
※実際に教室で受講したものを、後でご都合の良いときにオンラインで聴講することも可能です
配信期間:~2021年5月1日(土)

教材
ムック春号「杉田敏の現代ビジネス英語」(NHK出版刊)

杉田敏先生の4月期クラス
「杉田敏先生と英字新聞を読もう」 4月6日開講 木曜 19:00~20:50 (教室受講) (ライブ・オンデマンド聴講)
「杉田敏先生の『実践ビジネス英語 The Final Chapter』」 5月8日開講 土曜 10:30~12:30 (教室受講) (ライブ・オンデマンド聴講)

講 師: 杉田 敏

NHKラジオ「実践ビジネス英語」講師、昭和女子大学客員教授。
東京・神田生まれ。青山学院大学経済学部卒業後、英字新聞「朝日イブニングニュース」の記者となる。オハイオ州立大学に留学し、修士号(ジャーナリズム)を取得。
「シンシナティ・ポスト」経済記者から、米大手PRコンサルティング会社バーソン・マーステラのニューヨーク本社に入社。クライアントの日本ゼネラルエレクトリック(GE)に取締役副社長として移籍。再びバーソン・マーステラ(ジャパン)に戻り、代表取締役社長、電通バーソン・マーステラ取締役執行副社長を歴任。その後、プラップジャパン代表取締役社長、北京普楽普公共関係顧問有限公司(プラップチャイナ)董事長を歴任。上智大学非常勤講師、大阪大学「国際交流に関する諮問委員会」委員などを歴任。
「実践ビジネス英語―ニューヨークシリーズ ベストセレクション」(NHK出版)、「人を動かす! 話す技術」(PHP新書)、「成長したければ自分より頭のいい人とつきあいなさい」(講談社)などコミュニケーション関連の著書多数。

※早期申込割引、受講撤回の適用はありません。また当講座は授業見学の対象外となっています。
使用教材
記載のISBN、書籍名、出版社名をご確認の上、実店舗またはオンラインショップにてご購入いただきます。
詳細はお送りする受講案内をご確認ください。

●杉田敏の現代ビジネス英語(ムック春号) (出版社: NHK出版、 ISBN: 9784142132928 )
講師

「授業内容」欄をご覧ください。

空席状況については
お問合せください

クラス選択のご参考に

CONTACT

telアイコン03-3359-9621

平日 受付時間 10:00–19:30
土曜 受付時間 9:45–17:30
日曜・祝日の受付は行っておりません。

accessアイコン四ツ谷駅徒歩3分

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-6-2
コモレ四谷 グローバルスタディスクエア 3F
最寄り駅:四ツ谷駅 JR中央線・総武線/東京メトロ丸ノ内線・南北線

お問い合せフォーム

メール送信が完了しました。
ページのトップへ戻る